健康で幸せな
ペットライフのために

クリニックついて

ABOUT US

D&C獣医科クリニックへようこそ

ペットの健康を科学するペットのかかりつけ医を目指しています。

1996年に開業したD&C獣医科クリニックです。「ペットの健康を科学する」をテーマに、”ペットペアレレンツ(飼い主様)との垣根を作らない”をモットーに診療しております。多くのペットペアレンツの”知りたい”に寄り添い、ペットに対して最善の治療方針を心がけます。
多くの動物病院がそうであるように、当院もさまざまな症例全般に対し幅広く対応します。また、当院では充分な治療が望めない場合やさらなる詳細な診断が必要な時は、提携先の二次診療施設をご紹介します。
 

ペットの状態を総合的に診て判断します

ルーティーンで行うことは、ペットに一番近いペットペアレンツである飼い主さんのお話を充分うかがう(問診)こと、ペットの私たちや病院に対する反応を見ながら、呼吸の仕方や歩き方、その他の全ての行動を診ること(視診)、そして体重を計り、以前のデータと比較し、身体全体を触ってみて、必要以上に緊張したり弛緩したり、あるいは飼い主さんの申告に合わせてその状態を確認(触診)したりします。 また、必要に応じて体温を測ったり、聴診器で体の内部の音を聴いたりもします。 これが私たちが心がける最初の診察です。

安心できる診療


ペットを癒すことは、取りも直さずペットペアレンツを癒すこと。 時間の許す限り獣医師を含むスタッフ全員がその事に傾注します。

理解し合える診療


おおよその診断がつけばあとは治療に移ります。 ゴールは一つでも、治療の方法はいくつかあるかもしれません。 飼い主さんに対し、私たちの経験的な診療から最新情報まで幅広く情報の提供をし、可能な限りみんなでペットの治療方針を考えます。

負担のない診療


もちろん、必要があれば”血液検査”やレントゲンなどの”画像診断”も行います。 ある程度の項目ですがホルモン検査も常にスタンバイしております。 私たちでは解決できない病気は、提携先の二次診療(総合)病院を紹介します。その前に、可能な限りペットやペットペアレンツの身体的精神的に負担が少ない方法を選択します。それには私たちの経験が役に立つのです。

STAFF

当クリニックのスタッフ紹介

 

加藤 明久

院長 獣医師
1985年 北里大学卒業

藤崎 恵

動物看護士・愛玩動物飼養管理士一級

菊地 はるか

動物看護士・愛玩動物飼養管理士二級

診察時間のご案内

 予告なく変更する場合があります、予めご了承下さい。